スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノがやってきた。 
去年の秋ごろから“ピアノを習いたい”と言っていたマナ。

かくいう私は一応高校までピアノを習っていて、仕事でも使っていたんだけど、ピアノが嫌いで嫌いで堪らなかった人なので、
そんな私がマナに毎日練習をさせられるだろうか・・・とそのまま過ごしていました。


っていうか、マナにはバレエを習わせたかったのにな~。
身体も柔らかいし、細いし、かわいい衣装を着れるので、一時期はマナも乗り気だったんだけど、今はすっかりピアノにとって代わられています。

というのも、幼稚園で鍵盤ハーモニカに取り組むようになってから。
月齢が低くて身体が小さいマナは何をするにもクラスでは遅いほう、できないほうで、それが鍵盤ハーモニカは違ってたらしいのね。
多分家でおもちゃのピアノをチョコチョコと触ってたからなんだろうけど。
それがうれしくてきっと、“ピアノを習いたい”になったのかな??


そんなこんなしていたら、実家の母が”あんたの使ってたピアノ、持っていかない?持っていかなかったら売るよ!!”と電話が。
家を建てた時から、ピアノを持っていけば、と言われていたのだけれど”邪魔だからいらない”と断っていたワタシ。
イヤイヤ・・・売るくらいならいただきます。。。

って感じで”マナがピアノを習う”って方向に風が吹いているのかな~と思い、ふんぎりました。
(私の人生こんなのばっかり)

IMG_0547.jpg
じゃ~ん!!

マナはうれしくてうれしくて、昨日は幼稚園から帰ってきたらずっとピアノを弾いていたよ。
少ない鍵盤ハーモニカのレパートリーや、下から順に弾いてみたり、1個飛ばしに弾いてみたり、
”ド ソ ド ソ”と作曲してみたり。
私はそんな風にピアノで遊ぶってことしなかったわ。
素直にその姿に感心しました。

今だからこうやって楽しくピアノに触れているけれど、習って私みたいに嫌いになったらイヤだなぁ・・・という葛藤もあるけれど、普段クネクネのマナが、背中をシャン☆としてピアノの前に座る姿を見るのも悪くないなぁ~なんて感じた一日でした。

私も楽譜を用意してピアノ、また始めようかな?


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。