スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やさしいのはいいことだけど。。。 
今日は私の両親と花ちゃんファミリーと一緒に温泉へ。

ハナマナはこの温泉に来たら、ゲームコーナーで遊ぶのがとっても楽しみ。
今日も温泉はそこそこにゲームコーナーへ。

お気に入りは二人乗りのピカチュウの乗り物。
いつもお金を入れないでまぁ一時間は遊んで帰ります。

今日もピカチュウに乗りこんでゴキゲンの二人。
そこへ見知らぬ姉弟がピカチュウに乗りこんできました。
元々二人乗りのピカチュウ、四人じゃギュウギュウです。。。
それでもお兄ちゃんやお姉ちゃんと遊ぶのが大好きなマナは、とても楽しんでいました。

その後、バラけて色んなトコロで遊んでいた子どもたち。
その姉弟がピカチュウに乗っていたので、マナはまた遊んでもらおうとピカチュウに乗りこもうとしたその時、
男の子の方に”ダメ”と言われて号泣。
パパに”違うトコロで遊ぼう”と連れていかれ、その時は納まりました。




ところが。
ウチに帰ってきて寝る前のこと。
突然、シクシク泣き始めたマナ。

”マナね、今日お兄ちゃんにダメって言われて悲しかったの。。。”と話始めました。
マナはどうやら、自分たちがピカチュウに乗っていた時にお兄ちゃんとお姉ちゃんは乗ってきたくせに、
お兄ちゃんとお姉ちゃんが乗っていた時は”3人で乗ったら壊れるからダメ”と断られたことに納得いってなかった様子。

これはじっくり話を聞いてみよう。。。と泣きながら話すマナの話を聞いてみました。

マナ:     4人乗って壊れなかったのに、3人は壊れるんだって。
        マナ、ピカチュウに乗りたかったのに。

ワタシ:    ちゃんと乗せてって言った?勝手に乗ったからイヤだったんじゃない?

マナ:     一緒に遊ぼうって言ったのに、ダメって言われたの。
        マナ、悲しかったの。。。(泣)
        どうしてお兄ちゃん、ダメって言ったの?

ワタシ:    それは悲しかったね~。
        お兄ちゃん、お姉ちゃんと二人でピカチュウに乗りたかったのかもね。
        もしマナがおんなじ風にお願いされたら、いいよって言ってあげようね。
        そしたらお友達も悲しい思いしなくてすむもんね。

マナ:     うん。。。
        でも4人は大丈夫なのに、3人は壊れるんだって。(納得いってない様子)


ワタシ:    一緒に遊ぼうって言ったのに、断られたらちょっと我慢するしかないね。
        遊ぶの終わるまで待って、順番こすればいいんじゃない?
        




こんな風に話をしていたら、なんとなく気持ちが落ち着いてきたらしく、
”マナ悲しくなくなってきた”と眠りにつくことができました。



親のワタシが言うのはなんだけど、マナはとっても気持ちの優しい子です。
公園で自分の砂場道具を遊びたそうに見ている子に”これ使っていいよ”って自ら貸してあげられるし、
何か自分のしている遊びを見ている子に”いっしょに遊ぼう”って誘ってあげることもできる。

でも、子どものみんながみんなそういう子ではなくて。
時々は意地悪をする子なんかもいて。
そんな時、マナはいつも損な目に遭うのです。

マナは良かれと思ってしていること。
それでもその分、自分に還ってこないことに最近なんだか矛盾を感じているのかな。。。と今日話してみて思いました。


もう、そんな感情を抱けるようになってるんだ。


ワタシが目にしてるだけで結構そんな場面に出くわしているのだから、
きっと幼稚園じゃもっとそういう場面があるかもしれない。
小さいマナの胸がきっとはり裂けそうなくらい傷ついているんだね。

今でもときどき
幼稚園に行きたくない、お友達と遊ぶの楽しくないと言っているマナ。
行けば行ったで楽しんでいるみたいなんだけど、
もしかしたらそんなことが原因で嫌がっているのかな。。。


マナの気持ちを思うと、なんだかワタシまで悲しくなってきました。




でもね、マナ。

ママはそんな優しいマナがだいすきだよ。

損をすることだってあるかもしれない。
でも、自分に得になるようなことだからって意地悪なことをして、後で自分の胸が痛むより
誰にでも優しくすることで結果、自分が損をすることになっちゃっても、そっちの方が自分の気持ちがいいと思うんだ。

自分の損得の勘定ナシで誰にでも優しくなれるようなそんな人になってほしいな。
きっとマナならなれる気がするよ。




マナの気持ち、こんなに掘り下げてじっくりと聞いたことって初めてかも。
こういうことも必要な年齢になったのだな~と成長を感じるとともに、
育児の難しさ、私自身の価値観を再確認するようなそんな出来事でした。

これからもきっと、マナと一緒に泣いたり、怒ったりすることがあるんだろうな。
マナの心に寄り添ってあげられる母親になろう、そんな風に思いました。







スポンサーサイト
 
ヌプリン #-
 
マナちゃん優しいし、思いやりがある子に育っているね。
こういう場合ってどうやって解決してあげたらいいのか全然分からないよ。
子供のときの気持ちを思い出せたらいいのいなぁ。

色々と考えて、経験して強くなっていくんだろうけど、できることならあんまり傷つかないでいて欲しいねぇ。

でも、相手の気持ちが分からない子より、損してでも思いやれる子のほうがいいよね。
ちなみにうちのダーリンは損するタイプの人。なので、時々見ててもうちょっとうまくやれればいいのにーって思うときもあるけど、そこが長所でもあるんだよね~(笑)
マナちゃんもきっと大丈夫だよ。
mahalo* #QsBP9KQY
あるある‥ 
こういう事ってあるよね。
子供が集まるところでは、意地悪な子って必ずいるしね~。。
毎回、切ない想いをしているのを見るのは親として辛いよね。
うちの子も、何でお友達一緒に遊ばないのかな?ってよく言ってる。

最近の子には、みんな友達って意識が薄い気がするよ。
親同士の知ってる子だけが友達って感じ、子供もそうなっちゃってる。
悲しいよね。そして子供の将来が心配。イジメとかに繋がりそうで‥

毎回、損な役回りは悲しいけれど、
他人を傷つけてまで自分が!っていうのよりいいと思う。
キチンと躾けてるつもりでも、子供は思うようには育たないから
親の居ないところでは子供たちがどうしてるのか、分からないもんね。
マナちゃん、優しい子に育ってて嬉しいね*

ぽてぴん #p/NFc4aY
優しいね 
読んでるうちに切なくなってしまったよ。
気持ちはすごく分かる。納得いかない事は「今度その場で男の子に聞いてみたら?」と私なら言ってしまいそうだよ。
たかっちさんの指導も優しくて見習わなきゃなぁと思うよ。
しかし私の小さい頃は多分男の子側だったと思う。そして息子もいじわるタイプかもしれない。
でもずっと傷つかずに育ってしまって大きくなった子より、色んな人がいるという環境を分かりながら大きくなっていく方が後々心の傷つき具合や対処の仕方を学んでいけるんじゃないかと思ったりもするよ。
もちろん親のサポートが一番大事だよね。たかっちさんがママでマナちゃんはすごく良かったね。
私もたかっちさんのような親になりたいです。
たかっち #-
ヌプリン。 
何かひとつ問題にぶつかる度、自分自身の価値観みたいなものも再確認させられるよ。
人間性みたいなものが試されている気がするよ。。。

きっと子どもが自分自身で経験して、考えて、成長していくんだろうけど、
つまづいた時にいつでも寄り添ってあげられる親になりたいなぁ~って思っているよ。

ダーリン、損するタイプなんだね。
だからこそ、ヌプリンも惹かれたんだろうね~♪
たかっち #-
mahalo*ちゃん 
うん、今はツラい想いも余計にしているだろうけど、
きっと大きくなってから、人の痛みがわかる子になってくれると信じてるんだ。

幼稚園ではどう過ごしてるのか、すごく気になってるんだけど、
きっと胸が痛くなっちゃうんだろうなぁ。。。
たかっち #-
ぽてぴんさん 
マナのことだからきっと日々、いろんな思いをしてるんだろうなぁ。。。って思うよ。

私の小さい頃も気の弱い子だったよ。。。(優しいかは別として)
やっぱり親に似るのかしら??

マナはこういう子だから、“人の気持ちになって考える”っていうことをある意味教えやすいよね。
逆の立場の子だったら、どうやって接すればいいのかなぁ。。。って考えたりもするよ。

・・・今回のことでワタシもマナのことを知らないうちに傷つけたりしてるんだろうなぁ。。。
なんて反省したよ。
”こう接してあげたい”っていうのと、現実のギャップってのもあるよね。
まだまだ至らない親です。。。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://snowmana.blog2.fc2.com/tb.php/71-fbd87586

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。